NEW POST

参考にしている本

料理を作る時に
参考にさせていただいてる本たちを
まとめてみました。

(写真データーも飛んだ事だし^^;)

*****

「だし生活、はじめました。」
梅津有希子著

この本を読んで、きちんとした出汁を
”ラクに毎日”作れるようになったという
記念すべき1冊。
私の料理生活すべてが底上げされたかも‥
心から感謝したい本です。



*****

「干し野菜クッキング」
本谷恵津子著

なんでも切って干すと
味が深くなり保存が効く事を知りました。
食べ切れなかった野沢菜の漬け物も
切って干してふりかけに。
斬新ですね(^o^)


*****

「やさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版」
内田悟著

春夏と秋冬、2冊に分かれています。
築地で青果店を営む店主の
「野菜愛」あふれる本。
金物(包丁)を使うとアクが出る野菜は
手で葉と茎を分けるなど、目から鱗。


*****

「割合で覚える和の基本」
「割合で覚える野菜の和食」
村田吉弘著

きちんと出汁を引き、この本の作り方で作ると
たいてい美味しいと言われます(笑)
醤油とみりんは1:1
あとは出汁を8にしたり10にしたり15にしたり。
薄口醤油の使い方は、この本で知りました。
割合の計算が、スッと出来ない自分に驚きました(笑)


*****

「たれとソースの早引き便利帳」
川上文代著

こちらも割合で味付けをすれば
味が決まりますよ、という本。

だまされたと思って(ごめんなさい!)
作ってみた苦手な中華の炒め物が
ものすごく美味しく出来ました。

よく見たら辻調の先生だったようです。
さすが(*´∀`)♪



*****

「365日、美味しい手作り!魔法の瓶詰め」
こてらみや著

季節の美味しさを瓶詰めにする楽しさを
教えてくれた1冊。
かなり手間を掛けて作るレシピが
多いです(笑)

でも手間を掛けただけ
美味しい物が出来ると思います。



*****

「だからつくる調味料」
オザワエイコ著

豆板醤、梅味噌、青梅醤油
煎り酒、青唐辛子の醤油麹
バターなどを作りました。

他にも
簡単に作れそうな
調味料がたくさん!



*****

「今日から料理上手」
山脇りこ著

1000円のキャミソールを買うのなら
美味しい1000円のお醤油を買いましょう。

妙に納得した言葉です。

1000円のキャミソールは割と簡単に買えるのに
1000円のお醤油はなかなか買えない‥。
それ、ある^^;

でも毎日体に入れる物ですから
大切な事ですね。



****

他に、辻調理師専門学校編
「日本料理プロの隠し技」
「家庭料理100プロの隠し技」
「スパイス・調味料プロの隠し技」
この3冊はボロボロになるほど読んでいます。

かなり古い本だけど、
図書館にならあるかな?

いつか料理上手になるために
これからもあれこれ参考に
させていただきます(*´ω`)


Commented by hiromama2015 at 2018-06-09 21:53
>いつか料理上手になるために

今でも十分お料理上手だと
思いますよ~~
でもお料理を楽しんでおられるのが
分かりますね~
Commented by nql32743 at 2018-06-10 17:24
ちゃちゃさん、こんにちは♪

優しいお言葉を本当にありがとうございます!
知人に料理上手と言われてる方が居て、その人ってレシピも見ずにてきと~に作ってるのに美味しいんですよね。
絶対音感的なものが料理にもあると聞いた事があるのですが、それなんですかね?
すでに遅かったかも(笑)
今まで本気で料理本を見てなかったのですが、最近は何か盗めないかと(笑)
やっぱり料理を極めた方の本は学ぶところも多いですね^^*
コメントいただきありがとうございました♪
by nql32743 | 2018-06-09 14:10 | 参考文献 | Comments(2)

小皿つまみ* ときどきフォト*


by sarara-
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30